税理士業務税理士顧問 税理士業務税理士顧問

税理士業務税理士顧問

税務処理だけでなく、
様々な問題が発生

昨年まで経費と処理できた費用が今年は認められない!?」「新しい取引先との税務処理はどうする?」など、納税や企業間の税務処理などに頭をかかえておられませんか?さらにこれからの経営方針など、問題や課題は毎日のように起こるといっても過言ではありません。「顧問税理士」は、そういった経営者に寄り添って、適切な処理をアドバイスする仕事です。

税務関連の諸問題に対するアドバイス

MERIT1

税務関連の諸問題に対するアドバイス

企業(個人事業者)と顧問契約を結んだ税理士は、経営上、日常的に生じる税務に関する相談をお受けすることになります。こまやかにコミュニケーションを図りながら全体的な税務を把握しますので、顧客が抱える様々な問題点も見えてきます。それにより税務関連の適切なアドバイスをすることが可能になります。

財務を通じ、経営に関するアドバイスも

MERIT2

財務を通じ、経営に関するアドバイスも

顧問税理士となると、年度決算だけでなく1年を通して財務に関する数字を把握することになります。財務分析を通じて経営の先行きを予測し、経営者のよきパートナーとして経営に関するアドバイスもできます。法的な問題、資金調達の面でも適切に助言も行います。

税務調査への対応にも適切に処理

MERIT3

税務調査への対応にも適切に処理

「税務署」からの電話には、どなたでも不安になるのではありませんか? きちんと税務申告をしたはずなのに「税務調査」を受けることはあり得ることで、そんな時に頼りになるのが顧問税理士です。会社の経理業務のチェックを行っているので税務調査の際に指摘される事項も少なく、状況に応じて適切に対処します。

専門家に任せることで本業の効率アップ

MERIT4

専門家に任せることで本業の効率アップ

給与計算から年末調整、税務署等への届出、決算書の作成も自社で行うことは可能ですが、面倒な記帳をはじめとする税務処理は専門家に任せた方が、より速く、適切に処置できます。税理士は税に関する豊富な知識と経験を持っていますので、税理士と顧問契約を結んで経理業務の合理化を計れば、全体の業務効率も上がります。

専門分野はアウトソーシングが確かで安心

毎月の経営状況の報告など社内外の税務処理を基本に、節税や資金繰りのアドバイス、税務署への対応など、税理士と顧問契約を結ぶとさまざまなメリットが生まれます。経理のアウトソーシングで、今まで以上に本業に専念できる時間を増やしていきませんか?

税理士顧問に関する
お問い合わせはこちら

TEL 06-6224-0770 06-6224-0770 受付時間/9:30~18:30【土・日・祝定休】