税理士業務 給与計算代行 税理士業務 給与計算代行

税理士業務 給与計算代行

給与計算だけでなく、
税金納付作業も業務

従業員の給与計算、それに関わる事務業務全般を「給与計算」といいます。会社には正社員、契約社員、嘱託社員、アルバイトやパートとさまざまな雇用形態がありますので、それぞれのルールに従いながら、計算処理をしなければなりません。所得税、住民税、社会保険料を算出して納付するという事務作業や、扶養家族の増減によって所得税が変わることもあります。これら面倒な手間を代行するのが「給与計算代行」です。

  • MERIT1

    社内の給与システムが不要になる

    給与計算のコストの1つとして、給与計算に必要なコンピュータシステムの開発・運用・保守費用があげられます。社内に給与システムを持つ余裕がないという場合、外注することでその費用を削減できます。

  • MERIT2

    法令改正にもすみやかに対応

    給与計算代行を依頼すると、毎年のように改正される社会保険制度などを確認し、コンピュータープログラムを修正するという煩雑な作業に悩むことはなくなります。代行業者側で迅速に処理します。

  • MERIT3

    不測の事態を回避、業務が安定

    給与は毎月必ず支給日がありますので、給与計算担当者が1人の場合、諸事情で急に休職・退職という事態になっても迅速な対応に迫られます。年末調整など季節によって業務量が変わりますので、適正な人員配置も難しいところですが、給与計算代行を依頼すると、そのような問題も回避できます。

  • MERIT4

    本来の業務へ人員をシフト

    「給与計算」は毎月の定型業務ですから、人事データベースの管理も含め、給与関連業務のほとんどを社外にトータルにアウトソーシングすることが可能です。代行を依頼することで、その分の人員(人件費)を本業の業務に振り分けることができます。

代行を利用して経費を節減、
人材を適所に配置

給与計算の負担が軽減でき、従業員にも給与の内容を知られることがなく、担当者の休職・退職にも備えられるというのが「給与計算代行」のメリットです。専門家が代行しますので、度重なる制度の改正にもすみやかに対応し、正確な給与計算ができます。年末調整など月によって異なる仕事量の調整をはかる必要もなく、安心です。

給与計算代行に関する
お問い合わせはこちら

TEL 06-6224-0770 06-6224-0770 受付時間/9:30~18:30【土・日・祝定休】