税理士業務 確定申告 税理士業務 確定申告

税理士業務確定申告

所得を得た人が
しなければならない
義務

個人事業主などが、1年間の所得や経費を計算して税務署に申告することを「確定申告」といいます。ここで申告した額を基本にして、支払う税金・国民健康保険料などが決まります。1年とは1月1日から12月31日の期間です。

複雑で記入ミスを
してしまいそう

「個人事業者になったのだけど、確定申告の書き方がよくわからない」という不安のお声をよく耳にします。また、会社勤めでも不動産所得などがあった場合には確定申告が必要です。申告に悩む方へ、専門家に依頼するメリットをお伝えしましょう。

手間を大幅に削減できる

MERIT1

手間を大幅に削減できる

確定申告は,基本的に毎年3月15日が提出締め切りとなっています。普段から前年1年分の領収書をきちんと整理し、請求書と照らし合わせて帳簿をつけておけばいいのですがなかなか面倒な作業ですので、本業に手をとられてそれどこどころではない、という方もたくさんいらっしゃいます。そして申告期限を過ぎても確定申告ができない場合は「無申告加算税」がかかってきます。税理士に依頼すると当然報酬は発生しますが、手間のかかる帳簿記帳から複雑な申告書類までを代行してもらえますので、安心して本業に専念できます。

正確であり、申告後のフォローも可能

MERIT2

正確であり、申告後のフォローも可能

税理士は、確定申告のプロといっても過言ではありません。数え切れないほどの確定申告を行っていますので、数字の漏れや税金の計算に間違いがないかをしっかりチェックできます。また、税務調査の際に、税務署とのやり取りや申告内容の説明などをすることも可能です。

専門家だから節税対策もおまかせ

MERIT3

専門家だから節税対策もおまかせ

個人事業主の方は、お仕事で忙しい毎日を過ごす中、税法上問題がない節税の方法をなかなか知る機会がありません。でも税理士は節税対策などアドバイスが専門分野です。利益がある程度出ている場合には、定期的に相談ができるように、前もって税理士と顧問契約を結んでおくのもおすすめです。

申告代行の流れ

  1. 1. ヒアリング

    所得、所得控除、税額控除の確認作業をさせていただきます。

  2. 2. 必要書類の作成準備

    お話の後、お客様がお持ちの書類を提出していただきお預かりいたします。

  3. 3. 書類作成

    税務署に提出するための書類を当スタッフが作成いたします。

  4. 4. 書類の確認作業

    作成した書類の説明をさせていただき、お客様にも確認をしていただきます。
    ご確認いただきましたら、納付書をお渡しいたします。

  5. 5. 税務署提出

    弊社で電子申告にて申告いたします。

  6. 6. 納品

    作成した書類の控えをお渡しいたします。

任せて安心、確定申告は専門家へ

税理士に確定申告の代行を依頼する一番のメリットは、正確な申告を行えることにあります。税金の仕組みはとても複雑で、毎年のように変更がありますが、専門家に任せると追徴課税されるようなこともありません。「時間がなくてどうしよう」と悩む前にぜひご相談ください。

確定申告に関する
お問い合わせはこちら

TEL 06-6224-0770 06-6224-0770 受付時間/9:30~18:30【土・日・祝定休】