コンサルティング資金調達 コンサルティング資金調達

コンサルティング 資金調達

銀行などからの融資を
受けたいけれど…

「起業をするのに資金が必要だが、どうしたらいいのか」「規模を拡大したいがどこに融資を頼めばいいのか」など、事業を進める上で資金集めは重要な課題となってきます。銀行からの借入にはきちんとした決算書、返済の計画も求められますし、どんな助成金を利用できるかなどわからないことも多いことでしょう。そんな時、頼りになるのが税理士です。税理士は融資を受けるためのサポートも行っています。

  • 銀行などからの融資を受けたいけれど…
  • 銀行などからの融資を受けたいけれど…
  • 銀行などからの融資を受けたいけれど…
  • 銀行などからの融資を受けたいけれど…

自己資本と外部調達

起業にはリスクが伴いますので、退職金や貯金などの自己資金でまかなうのが基本です。自己資金で開業すれば、事業が軌道にのらずに撤退となった場合でも借金が残ることはありません。とはいえ、やってきたビジネスチャンスに自己資金を用意する時間がないという場合には、外部からの資金の借り入れの検討することになります。

資金調達の方法

返済不要の補助金・助成金 国や地方自治体が、企業を支援するために設けている制度で様々な種類の補助金や助成金があります。返済の必要がありませんが、支給要件を満たすことが必要です。
金融機関から借り入れる 補助金や助成金と違って返済が必要ですので、金融機関は、保証能力があるかないかで融資を判断します。保有資産がどれだけあるか、自己資金をどのくらい用意しているか、さらに経営者の資質も問われます。
日本政策金融公庫へ申し込む 資金の融通がむずかしい小企業等への貸し出しを行っています。金利が低く、長期返済も可能です。無担保・無保証人でも創業融資が受けられる「新創業融資制度」などがあります。
地方自治体の「制度融資」 各地方自治体が設けている制度で、自治体によって条件が異なります。手続きが複雑で時間がかかりますが、一定の条件を満たせば、無担保、無保証人でも受けられ,金利も安いです。
ベンチャーキャピタルや
個人投資家から出資を受ける
出資の場合は、資金の返還や利息がありませんし、利益が出るまで配当を支払う必要もありません。しかし出資者には役員の選任・解任等に関する権利があり、事業に関与する権限があることに留意しておきましょう。

資金調達を成功させる為には
専門家の力

資金調達を成功させるキーとなるのは、しっかりとした事業計画書です。事業計画の策定、開業資金・運転資金・予備資金としていくらの資金調達が必要かなどを金融機関等の厳しい審査に通るように作成することが重要です。作成にあたってはこの方面に強い専門家に相談することをおすすめします。

実績や経験の豊富な税理士で安心

税理士の中でも融資や助成金の受給サポートといった経験が多いほど、資金調達のノウハウも豊富に持ち合わせています。税理士は各金融機関ともやり取りすることが多く、その橋渡しでもフォローをしてくれます。「どうすれば資金調達できるか」を共に考えてくれる税理士を選ぶとよいでしょう。

資金調達に関する
お問い合わせはこちら

TEL 06-6224-0770 06-6224-0770 受付時間/9:30~18:30【土・日・祝定休】