新着情報 新着情報

新着情報

2019.11.05 news

細かい

歯の矯正のSMAPという器具を手術で取ったときに冷や汗をかいた河合です。

附属病院の先生は慣れた手つきで、談笑しながら、進められていました。

僕にとっては生涯三度目の手術です。

そこで見えたことは、主治医の先生は本当に具体的に非常に細かく指示を出し、

頼もしく映った先生の姿が印象的でした。

自分に振り返ってみると税務調査は本当に何度も経験しています。

今年に至っては、9〜12月の間に約7件で、当たり年です。

お客様にとっては三年に一度、もしくは初めてだったりする方が多く、

今回の私の手術状態だと思いました。

税務調査時は、今回の私のような心境だと思いますので、

その気持ちに寄り添え、頼もしくあるようにしたい思います。

戻る